FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体測定の話

歩武
「ふぅー、疲れた。異常なしでよかったよ」


「私も、気になるところはあったけど、許容範囲内」

雲母
「…………」

歩武
「……えっと、気になるところって?」


「体重が落ちてた。栄養が足りてないのかも」

歩武
「あれだけ食べててそれはないだろ!!」

雲母
「…………」

歩武
「あ、えっと……健康ならそれでいいと思うよ。
 標準から多少ずれてたって気にしないって」


「私もそう思う。これからも村八分を心がけるだけ」

歩武
「それを言うなら腹八分だよな、あははは……」

雲母
「…………」

歩武
「…………えっと、弓那はまだ帰ってこない?」


「忘れ物を取りに戻ってる。多分もうじき――」

弓那
「ただいまー、遅くなってごめん!
 あ、雲母。身長どうだった~?」

雲母
「――――ッ!!!」

歩武
「俺の気遣いが木っ端微塵に!!」


「その日、論説部は核の炎に包まれた……」



(実体験を基にしたフィクションです)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

ゲームの話

歩武
「お、ゲーム? 何やってるんだ弓那」

弓那
「カードゲームというかボードゲームというか、そんな感じ?」


「……たった独りで? ここにも日本のムラ意識の被害者が……」

弓那
「違うわよ! ネットで知らない人と対戦できるの!」

雲母
「最近は手軽にネット対戦できるゲームが多いからな。
 時代も変わったものだ」

歩武
「でも、弓那にそんな頭使うようなゲームできるのかよ。
 やっぱり連戦連敗なのか?」

弓那
「そんなことないわよ。
 昨日だって、2回中1回はトップ取ったし」


「弓那が1位……? どんなあり得ない展開が?」

弓那
「やたらダイス運の悪い人が、あたしの領地5回も踏んでくれちゃってね。
 おかげで収入うっはうはで楽勝だったわ!」

雲母
「…………弓那、それは何時ぐらいのことだ?」

弓那
「ふえ? えーと、昨夜の12時過ぎから始めたくらいだったかな」

雲母
「そうか……あれはお前だったのか……」

弓那
「え? ちょ、待って、雲母?
 な、何よその目は! その手は! な、な、なぁ!!?」



(実体験を基にしたフィクションです)

夢の話


「♪~……♪~♪~」

弓那
「どうしたのよ、藍。
 何かいいことあった?」


「宝くじが当たった……大儲け……!!」

歩武
「な、なんだって!!?
 いくらだ、2億か!? 3億か!!?」


「200円」

歩武
「何だ……がっかりさせないでくれよ」

雲母
「末等はまとめ買いのお情けだろうが。
 いちいち喜んでも仕方ないぞ」


「違う、勘違いしないで。収支合計が+200円。
 200円10枚で2200円当たった」

弓那
「微妙な数字ね……
 嬉しいような嬉しくないような」


「2000円は、300万枚中88407本。
 確率にして3%弱の奇跡……もう最高」

歩武
「いや、むしろそれはツキの無駄遣いっていうんじゃ……」

雲母
「その本数で10枚買うなら、2000円を引く確率は26%。
 さほど珍しいことでもあるまい」


「…………」

雲母
「そもそも、宝くじは還元率の低いギャンブルの筆頭だろう。
 頭のまわる人間なら、まだ株でもやった方が――」


「これだから夢のない人間はいや。
 そんなんだから胸も膨らまないのに」

雲母
「あ゛? ……誰の胸が平らだって?」

歩武
「やめようよ! そんな夢も希望もない話!!」

弓那
「た、宝くじを買ったら胸が膨らむのかしら……」



(実体験を基にしたフィクションです)

獣の話

弓那
「ねぇねぇみんな! 大ニュース!」

雲母
「なんだ、騒々しい……何事だ?」

弓那
「寮の裏にいる白猫知ってる?
 あの子達がね、あたしのあげたお肉食べてくれたの!」

歩武
「それって、ニュースになるほどのことか?」

弓那
「大ニュースよ! 見てると絶対手出さないんだけど、こっちが隠れると食べてくれるの!
 やっと10mくらいまで近付けたし、来年には触れるかしら!」


「動物好きなくせに嫌われる、よくいるタイプ」

弓那
「そんなことないわよ! みんな恥ずかしがりなだけ!」

雲母
「猫ごときでよくそんなに騒げるな。私は嫌いだ」


「……同族嫌悪?」

雲母
「違う。子供の頃、引っかかれて怪我をしたんだ。
 好きになれという方が馬鹿らしいな」

弓那
「それって、嫌いっていうより……
 猫が怖いんじゃないの?」

雲母
「黙れ貴様! 引っかくぞ!!」

歩武
(部長の子供の頃って、どれくらいの体長だったんだろう……)



(実体験を基にしたフィクションです)

感想

弓那
「藍、何食べてるの? キャ○メ○コーンの、抹茶味?」


「違う。クリームソーダ味」

弓那
「え゛……何それ、そんなのあるわけ?
 スナック菓子でソーダって何よ」

雲母
「キャ○メ○コーンはたまに変なのが出るからな。
 バニラアイスだの、パインヨーグルトだの……その系譜だろう」

歩武
「で、それってうまいのか?」


「変に甘くて舌が疲れる……でも、炭酸のぱちぱち感が口の中に広がって……
 なんだか病みつきになるような……とまらないやめられない……」

歩武
「やばい、目がうつろだ! 早く引き剥がせ!!」



(実体験を基にしたフィクションです)
プロフィール

ETERNAL

Author:ETERNAL
WillPlus 系列ブランド。
男性向けアダルトゲーム製作集団。
オフィシャルサイト
『輝光翼戦記 天空のユミナ』
『Nega0』
『輝光翼戦記 天空のユミナFD』
『天の光は恋の星』
『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』

eternal_willをフォローしましょう

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
応援バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。